誰にも言わないどうでもいいメモ

どうでもいいことを書いてます

私は機械になりたい

 猛暑で汗だくになってる。吉野家なら丼から汁があふれるくらいだ。夜も熱い。熱帯夜。リップスライムもエアコンをつけたくなるだろう。扇風機すら効かない。でもビールはおいしい。

 

 温度なんて感じなければいいんじゃないか。暑さも寒さも感じない身体。機械になってしまえば。でもパソコンは暑くなると動きが鈍くなる。それなら自分で冷却しないといけなくなる。それで涼しくなるならそれでもいいかも。電力は食うが。

 

 機械になれば死なないんじゃないか。自分で部品を作ることができれば壊れた時に自分で治せる。人間よりは生産性があるにちがいない。みんな機械になろう。

 

 でもデメリットがある。パスワードを入力するときに「あなたはロボットではありませんね?」という質問に嘘をつかなければいけなくなる。

23歳の夏休み

 僕は今年で23歳

 少し顔がやつれてる 

神聖かまってちゃん 23歳の夏休み より

 

 僕は今年の8月1日でとうとう23歳になった。普通に順当な進学チャートを進んでいってれば今年は大学院に進学していたかもしれない。けれども僕は寄り道をしてしまったがために学生のまま23歳となり、夏休みを迎えている。

 

 何も変わらないまま23歳になった。夏休みになったからって特別変わったことをするということはないだろう。何の目的もないまま実家でぐうたらして後期に備えるだけだ。穀潰しの復活である。少し本を読むくらいはすると思うが。

 

 何も変わらないというよりは変えられる気がしないというのが正確かもしれない。同じ年代くらいの人達は何かすげぇ賢そうに見えるし、常に社会に大して批判的だ。とはいえ、狭いインターネットの世界なので当てにはならない。一方の僕は社会に大して文句どころか期待すらしている。多分対岸から見れば馬鹿を見るのは僕なのかもしれない。それは火を見るより明らか。オリンピックは楽しみだし、新元号だって少しワクワクしながら待ってる。サマータイムになったらなんかできそうなことないかなとか、インターネットとは真逆のことを考えてしまう。悪くいえば成熟していない人間なんだろう。

 

 どうしてこんな愚者に見えるような道を歩むようになったんだろう。甘いものの摂り過ぎか?悩むこと自体馬鹿らしくなった、ということにしているけども根本的な原因はよく分からない。もしくは正直批判ばかりの思考に疲れたんだろう。僕には賢く見せる演技は無理だ。

 

 中学生のころ共産党に所属する塾のおばちゃんに政治家に向いてると言われた。この指摘は間違いだと思うけどもし僕が政治家になったらどんな批判がやってくるんだろ。真面目にやれとか言われたり失言でバッシング受けちゃんだろうか。こんなんやってられるか!ってなるのが目に見える。じゃてめぇがやってみやがれ庶民共!文句ばかりで何もしないくせに!と言って辞職してやろうかな。

 

 兎にも角にも、なんだか僕は成長が止まった感じがする。精神的にもまだ高校生くらいだと思うし、大人にはなれてない。というか、大人になりたくない。僕はずっとピーターパンさ。23歳になっても「ハッとして目が覚めた」とか覚醒したとかもなく、新しい思想に入り込む余裕もない。働き方とかLGBTにすら全くついていけない。おいてけぼりさ。何も考えず猛暑のなかポケモンGOしてるよ。ハピナスが強すぎるんだよなぁ。でもこういう賢い人々の言うことについていけないはダメなことなのだろうか。老人とともにフェードアウトするしかないんじゃないか。でも、賢い人達はいつも怒ってるのに疲れないのかね。朝も批判、昼も批判、夜は愛する批判です。レクター博士みたいに頭の中をパカッとひらいて見てみたい。批判するのは気持ちいいから仕方ないのかな。

 

 大きな子供になってだいたい3年。何も変わらないまま、惰性で30に向かってる。彼女もおらず、童貞。日陰で暮らしている。もうこれでいいんじゃないかなって。変革にはエネルギー使うし。めんどくさいし。これもこれで楽だし。でもこれでも焦燥感がやってくる。これで良かったのかなって。宿題をやらず迎えた8月31日の小四の時みたいな気持ちになる。

 

 

 

すべてフィニッシュになる

 やっとテストが終わった。何もかも終わりだ。実家に帰れる。何も再試もなければ良いけど。

 

 文字の羅列をしていると本当に正しい文章を書いているのかどうか不安になる。しかもテスト終わった後とかに。ちゃんと正しい問題を解いているのかどうかとか、もしかして問題ずれてないかとか。すごい不安になる。ちゃんと二乗してたっけなって。ホンマに正しいことを書いてるのだろうか。とか。この先が思いやられる。

 

 心配性なのか。それとも脳みそが疲弊してるのかどちらかなんだろう。もしかして乗っ取られているのか。ますます不安になる。実はもう現世にいなかったりして。 

疲れることに疲れる

 そろそろテスト直前。寝不足。ずっと問題解いてる。ノイローゼになりそう。いやもうなってる。早くテスト終わって楽にしてほしい。もう何も考えたくない。ゆっくりしたい。

 

 社会が巡るめく変わっていく。LGBTとか、オリンピックとか、エアコンとか、熱中症とか。いろんなことがある。みんないろんなこと言うてる。でもなんだか僕はそれらにはついていけないような気がしてる。それらを見るたびに僕は疲弊してるような気がする。感受性が高いっていうことなのか。そうなると時代遅れの老害として扱われるんだろうか。こいつはいらねぇって感じで。

 

 感性をアップデートできない奴は取り残されるらしい。覚悟しとけよという宣言まで聞いた。そもそもアップデートってなんだろう。そういうことを学ぶところがあるんだろうか。あらゆるものに気を遣えってことなのか。だったらもうしゃべらないほうが楽かもしれない。誰もいなくなればいいんじゃないか。

 

 何があってもつぶやかなければいけない。考えて批判して、怒らなきゃいけない。いつも怒ってばかりの人ばかりだ。それって疲れないのかなって思う。いつもいつも途上国だのなんだの言うてるけど、結局元ネタが全く伝わらない。これが脚色ってやつなのか。わざわざそれを見ている僕もどうかしてるのかもしれない。来月は何について社会をバッサリを論じてくれるんだろうか。

 

 アップデートできなかったらどうなるんだろう。社会から取り残されて、ただ孤独死していくだけなのだろうか。アップデートできなければジャンク品としてどこかの国へ捨てられてしまうのだろう。捨てられるなら暖かい島国か、カリブ諸国がいいな。のんびりできるかもしれない。わざわざ疲れるようなことも考えるようなこともしなくて済む。ただ浜辺で夕日が沈むのをネコと一緒に見ていたい。

キーボードファイトクラブ

 最近はあまりいいことがない。実家は大雨でプチ被災。近所の大きい川の堤防が決壊してたら終わりだったらしい。首の皮一枚といったところ。それから連日の猛暑。大学が山の上にあるので通学するだけで滝のような汗が出てくる。登山をするために大学に行っているようなもんだ。あと少ししたら試験もある。これもストレスになっている。様々な課題を回しているせいか頭がおかしくなって来たような気がする。ノイローゼ気味になっている。知らない後輩から話しかけられ支離滅裂なことを叫んでブチギレてしまった。これはよくない。反省してまーす。

 

 嫌なことがあるとインターネットに書きたくなる。事細かに書いて、たくさんのいいねをもらって承認欲求たくさんゲットだぜ!みたいな。でもそういうのに味を占めて気づけばいつも社会の愚痴ばかり。なんかうまいこと言わないといけないような身分になってしまいそうだ。ここ最近のSNSは何かと物騒で、鍛え上げた社会批評を武器に掲げたストリートファイターばかりな気がする。キーボードを叩き、戦うキーボードファイターの地下格闘技場になってしまった。

 

 僕はそんな物騒なことをする気はなくなってしまった。もうほのぼのと優しい世界でのんびり生きていきたい。どんな問題が起ころうとそれは現実で対処すべきだと思う。ネットどんなに「声を上げようよ」とか「目を覚まそうよ」とか言ってもそれは社会のビッグネームには中々伝わらないだろう。こんなことが起きても我々が望んだ世界線なんだと腹をくくるしかない。地下から地上へ出たほうがいいかもしれない。地下には官僚も教育委員会も老人もいない。

 

 こうやって見捨てられた道祖神みたいな僕がこんなこと言ってもやはり意味はないだろうな。早くカタストロフが起きてほしい。すべてを無にしてほしいと願うようになってしまった。すべて無になれば苦もなくなるはずだ。すべてが無になる。これが本当の解決策なんじゃないかな。だって問題の原因が全てなくなるのだもの。救いのないカタストロフが来るまで僕はファイトクラブの前で手を合わせ続けたい。

初めてのkissは...

 最近、初めてタバコを吸った。友人が吸っていたのを何の気なしに吸ってみた。吸ってみた感想はと聞かれても、こんなもんかというものである。なんか脳髄がスーっと透き通るというイメージだったけど何も響くものはなかった。こんなもんか、タバコって。わざわざ体育館裏に行って吸うもんじゃなかった。

 

 初めの経験というのは、案外すんなり終わってしまうのである。タバコを吸うのも、ものの数分であった。しかし、先端に火が付くのも一苦労してしまった。初心者には難しい。空気を吸い込んで加熱する仕組みらしい。また一つ知った。なんかドラクエのレベルアップした時の音が鳴った気がした。

 

 初めてやったことはいつまでも覚えている。中学時代初めておっぱいを触ったことを今でも覚えている。同じ班の女子と話しているときに急に「おっぱい触ってみる?」といわれそのまま手をつかまれ彼女の胸元へ押し付けられた。ただ手には柔らかい肉感がしただけだった。大した感動もなかったけど、触ったという実績を解除しただけだった。ただこれだけのことで今の今まで同類の間で自慢してる。彼女には申し訳ないが。おっぱいを触った。これだけが僕の切り札なんだ。彼女もいなければ何もない僕には。最終的にこれしか言えない。しょうもな。

 

 初体験のなんて経験してみれば大したことなかったで済むんだろう。風俗行ったら人生変わったなんてデマだと思う。風説の流布でしょっぴかれて欲しい。世の中のものは所詮こんなもんって感じなんだ。どうせこんなもんや、って思うなら安易にできるだろって言われちゃうんだろうな

生物学的に生物なのか

 子孫を残せない生物は劣等なのか?そういう疑問が最近頭の中を駆け巡る。生きてて女性と交際したことないし性行為もしたことない。そういう世界を無縁な道を歩んできた。でもこんな道を歩んでいたら子孫を残せるのだろうか。残せないだろうな。

 

 彼女作って、花火大会行ってラブホ行くというチャートにも載ってるようなことも歩んだことがない。そもそも花火大会すら行ったことない。夜の玉屋は一体どこへあるのだろうか。

 

 夏だから、という文句で誰か女の子吹っ掛けて飲み行くとかしかないんだろうか。でもその相手がいない。先手なのに石を持ってない状態なんだ。まずは石を買わないといけない。あと碁盤も買わないといけない。

 

 僕は異性にも話しかけられない生物。ざんねんな生物に掲載してほしいくらいだ。僕は生物として本当に生物らしく生きていけるのだろうか。