誰にも言えないどうでもいいメモ

ふらふらしています

迷探偵コナン

小学生くらいのころ犬夜叉が終わったあとに名探偵コナンがやってた気がする。世界まる見えの前だったから月曜日だったかもしれない。正直に言うと僕はコナン君が苦手だ。

 

江戸川コナン、ホントは工藤新一、高校生探偵。謎の組織に薬を飲まされて体が小1くらいになって阿笠博士に拾われて毛利蘭の所へ居候しに行く。でなんか変声マイクとか腕時計型麻酔銃とかで毛利小五郎眠らせて自分の推理を語る。で西の高校生探偵服部平次とか出てきてみたいなのがイキリ名探偵コナン

 

コナン、体は子供頭脳(高校生程度)は大人ていう設定で行く先々の事件を解決していく、もちろん自分は隠れて毛利小五郎の声に仮託して自分の推理を自分語りする。だいたい「あれれーおかしいぞー」と殺人現場でなんかしゃしゃりでて現場を荒らす。流石に普通はなんやこいつってなるんだけど。じゃお前が前に出て推理せえって話。

 

探偵もののマンガってめちゃくちゃ少ないからみんななんか同じですよね。金田一少年の事件簿とか。じっちゃんの名にかけてってじっちゃんどんだけすげぇ奴だったんだよって。意外と金田一少年のじっちゃんどんな人か知らない。それに比べて魔人探偵脳噛ネウロは凄い好きだった。だってネウロ魔人だもん。魔界777道具だぜ。コナン君せいぜい道具三つなんだぜ。魔人探偵とか普通ありえねぇよ。コナンくん一捻りだよ。

 

コナン君の周りのキャラクターってコナン君のことどう思ってんだろ。推理を聞いても「こいつほんま前まで高校生のやった癖になんで子供の振る舞いしてんねん~けったいなやつや~」とか思われてるでしょ。

 

コナン君ていつ工藤新一に戻るんでしょうね。阿笠博士もいじらしいなぁ、早く戻してあげればええのに。と阿笠博士黒幕説を信じてる僕はそう思う。あんなにFBIだのなんだのかんだの黒の組織だのやべぇヤツらばっかし出てきてるのに体元に戻んねぇって。ていうか黒の組織ドジ過ぎでしょ、普通取引あんな遊園地みたいなとこでやんねぇよ。現代ならスマホで動画撮られてすぐTwitterのオモチャ行きですよ。

 

あと、コナンの世界って冤罪がないんですよね。「おい工藤!前の犯人冤罪やったで!おっちゃんあかんことなるんちゃうんか!」ってツッコミは無いですし、あったとしてもコナン君は「バッ、バーロー.....」しか言えないですもん.....自殺の可能性とかあったりしないんですかねぇ

 

せやかて工藤、真実はいつも一つって言うてたもんなぁ.....

 

 

 

 

 

 

翼をください

エヴァンゲリオン翼をくださいを聞くとなんか悲しくなるよね。人生のエンディング曲みたい。小学校の音楽の時間で何度も、何年も歌った。学習発表会的な場所で。

 

エヴァンゲリオンだとこの曲はたしかエヴァンゲリオン破の最後に流れるんだよな。シンジくんが綾波を救い出そうとしてなんやかんやあってサードインパクト起きそうになって.....。この時に流れるこの曲の破壊力は抜群だよ。

 

翼をくださいを聞くと小学校の音楽の時間を思い出す。小学校の音楽の先生は凄い熱心な方ですごい熱心に僕らを指導していた。もうなんか凄いテンション高かったし、厳しかったし。でもこの先生病気で、僕が高校入った時位に亡くなった。小学校の頃くらいから病気が進行していたみたい。命を燃やすってこういうことか。

 

あの冷たくて狭い無機質な学び舎を卒業してから翼をくださいを聴くと昔を懐かしむ気持ちとか出てきちゃう。そういやアイツ何やってんだろとか。まぁ片田舎の狭いコミュニティなのでそんなことすぐ分かる。僕の右目に豪速球当てた奴は今や父親らしい。実家の2軒隣の同級生はもう5年も会ってない。

 

こうなっちゃうと僕はいったい何をしてるんだと。暗いジメジメした下宿先でパソコンにただ怠惰に鬱屈した感じで向き合って。ため息混じりに半額の惣菜と酒飲んで寝て、頭痛とともに朝めざめる。ぼけっとしながら講義受けて家に帰って寝るの繰り返し。

 

本当に翼をくださいって感じだ。この大空に翼を広げ飛んでいきたいよぉ~って。

 

何回レッドブルを飲んだことか。何が翼を授けるだ。ブクブク太るだけじゃねぇか。

ファミマトライアングル

今月一つの牙城が崩れた。近所のサークルKが遂にファミマになってしまった。家の周りに三軒もファミマがある。ファミマトライアングルに囲まれてしまった。

 

正直、1番好きなコンビニはローソン。ローソンのグラコロハンバーガーがめちゃくちゃ美味しいからだ。Lチキとか色んな味がたまにあるし150円くらいだし。

 

ファミマに行くと店内放送ヤバくないですか。狂気というか。合宿免許ワオ!とか帝京平成大学!とかもうあれが延々と流れてる。「学生数1万人以上!帝京平成大学!」って毎日聞いてますよ、帝京平成大学ってファミマ以外で聞かないでしょ。もうなんか吉本興業の芸人のなんかよく分からない話とか。

 

近所にファミマしかない。もっといっぱいコンビニは世の中にあるだろうに。もっとセブンイレブン使いたいしなんならミニストップNEWDAYSとか行きたいし。なんでファミマばっかりやねん

 

助けてファミマナビゲーターのあべこうじさん.....

身分

何かを申請するとき、身分証明するものが必要な時ってあるよね。その時出すのがだいたい免許証。でも、免許証持ってない僕はどう身分を示せばいいのか。そもそも僕の身分ってなんなんだ?

 

学生証だしても「いや、免許証とかないですかね?」と嫌な感じで言われる、免許証持ってないから学生証出してんだ。どうやら学生というのは身分ではないらしい。

 

身分と言われるとなんか伯爵とかそういうもんしか思いつかないよね。オレ、伯爵やねんって言う人、現代にほぼいないけど。

 

免許証持ってないからってわざわざ合宿免許ワオ!に駆け込んで免許証手に入れるのももはや狂気だし、毎日パスポート持ちあるくわけにも行かないし。そもそもパスポートすら持ってない。身分を示すことの出来ない僕はいったい何者なんだ.....

 

免許証を手に入れたら始めて身分を与えられ、身分を示す自由を手に入れられる。俺の身分はこれや!と免許証を市役所で叩きつけれる。ゴールド免許を取得して身分を高め、この殺伐とした現代社会にゴールド身分を誇示できる。バーに座りあちらのお客様からですと免許証をシューっと滑らせて身分を示すことができる。カッコイイな。

 

僕の身分はいったいなんなんだ。身分を探す旅にでようか。自らと向き合い身分を見つけるためにマイナンバーを叫び続けようと思う。

マフラーアレルギー

僕はマフラーができない。マフラーの結び方すら知らない。どんなに寒くてもネッグウォーマーすらできない。何でマフラー使えないかっていうと、なんかキラキラした人達のお召し物に見えてしまうからである。

 

リア充とかスクールカーストバラモンの方々は別にマフラーなんて下着みたいに簡単に身につけられるしていうか巻くのが当たり前じゃん。って感じな気がする。こういうの見ちゃうとなんかオレにはマフラーつける資格ないのかなって。そもそも似合わない気がする。

 

高校時代もどんなに寒くても首だけさらして寒空を歩いてた。マフラーってあったかいんだろうなって。マフラーを知らない世代の気分だ。マフラーつけてる人なんかカッコイイな、なんて。

 

そもそも何でマフラー苦手になってしまったんだろうか。キラキラした人達への深層からの僻みなのか。「アイツらホンマにいつもしゃしゃりやがってなんやねん!」って気持ちからマフラーすら嫌いになってしまったのか。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いってこのことなんだなって。マフラーしてる人ってなんか輝いてますよね。マフラーをしてボクも輝きたかったよお母さん。

 

ずっとマフラーをしてテレビに出続けてる中尾彬って恒星のように輝き続けてる人なのかもしれない

 

 

彼女いない歴

漢文の素養がある方は歴史の「歴」は「広い」って感じの意味で昔のことをしたためているという意味ではないということを知っているだろう。正確には彼女いない史。

 

彼女いない史22年の僕はそろそろ四半世紀になる。22年もなれば龍馬伝のナレーションみたいに「彼女いない史20年のことじゃった!」みたいになんかすごいことがあった感じに言えそうだ。なんのこたァない、この年は虫歯が6本見つかった。歯磨きがものすごい下手だったということに気付かされたぐらいだ。

 

彼女作ればええやん、なんてストレートをみぞおちにラッシュしてくる人もいるがちょっと待ってほしい。作ろうと思って作れるなら苦労しない。というかどうすればいいか分からないんですよ。というか自分のことで精一杯なのに他人まで気にかけるのは少し僕には難しい。彼女作ってしまえば長い間紡いできた彼女いない史がここで終わってしまう。R.I.P.

 

司馬遷が宦官になってずっと史記を書いていったように僕もおそらくこの先もずっと彼女いない史を紡いで行くのかもしれない。

 

彼女いない史22年、そろそろ老舗の仲間入りだ。

 

 

 

 

 

ストロングゼロ依存症

今日からもうストロングゼロ飲むのはもうやめよう。ストロングゼロは絶対体に悪い!

 

そう決意して今月3本目ストロングゼロを飲んでしまった。ついでに取って買ってしまった。でも、もうやめよう。次は絶対買わない。半額の惣菜を買いながらそう思った。

 

でもどうせまた買っちゃうんだろうな...

だったら鬼ころし買おうかな

 

ストロングゼロってあらゆるものを治しちゃうよね。ストレス、疲労、精神的なめんどくさいこととか。全部吹き飛ばす。これって薬物なんすよ。クスリなんだよ。ヤクブーツなんですよ。

 

一度摂取したらやめることが出来ないクスリ。だって500mlあって150円くらいで買えちゃうんだぜスーパーだと。そりゃ半額の惣菜買ったらストロングゼロも付いてくるでしょ。

 

ストロングゼロとか氷結とか現代を生きる必需品になってる。ポケモンのげんきのかたまりみたいなもんなんだ。現代社会は常に瀕死の状態なんだよ。そりゃ必要なものですわ。

 

でもオレ、次は絶対辞められると思うんだストロングゼロ。もう絶対買わねぇ。

 

(この文章はストロングゼロ飲みながら思いました)