誰にも言わないどうでもいいメモ

どうでもいいことを書いてます

裏技

 ゲームをやったことある人ならほとんど探したであろう裏技。無限にアイテムが増えるとか、裏の世界に行ける方法とか、いろいろな裏技がある。

 

 小学生時代にパソコンでポケモンの裏技を探し、何度も試したことは誰にでもあるだろう。ガセネタにつかまされたり、バグって裏の世界から抜けれなくなったりしたこともある。裏技につかまされ無様な結果である。

 

 誰もが楽をしたくショートカットを探したり、ずるをしたくなる。困難なことは楽なほうがいい。犯罪にならないなら。勤勉な人ほど馬鹿をみることが多い。無慈悲なことだが。

 

 青学の学生が親のコネで就職したとかで相当叩かれている。かわいそうなことでもあるが。親のコネで働けるならいいにこしたことはない。なぜそこまで叩くのか?答えは簡単で「ずるい」からだ、傍から見たら。そりゃ引きずり下ろしたくなる。そこまで彼をそうさせる。起爆剤に火の粉が降りかかったのだ。爆発四散すれば彼の勝ち。人の不幸は蜜の味。その蜜はプーさんのように手を壺に突っ込んで食べたくなる味がする。病みつき間違いなし。クリストファーロビンもその誘惑に負けしまうだろう。

 

 誰も裏技を探すことをしなくなった。裏技は卑怯だから。裏技ではなく血豆ができるほどの努力をパフォーマンスし、観衆に見せることが正当なのだ。観衆は人のもがき苦しむ姿を待ち望んでいる。それが演技、いわゆるズルなら、観衆は怒り狂う。ズルはいったいどこにあるのだろう。ワザップは教えてくれるだろうか。