誰にも言わないどうでもいいメモ

どうでもいいことを書いてます

初めてのkissは...

最近、初めてタバコを吸った。友人が吸っていたのを何の気なしに吸ってみた。吸ってみた感想はと聞かれても、こんなもんかというものである。なんか脳髄がスーっと透き通るというイメージだったけど何も響くものはなかった。こんなもんか、タバコって。わざ…

生物学的に生物なのか

子孫を残せない生物は劣等なのか?そういう疑問が最近頭の中を駆け巡る。生きてて女性と交際したことないし性行為もしたことない。そういう世界を無縁な道を歩んできた。でもこんな道を歩んでいたら子孫を残せるのだろうか。残せないだろうな。 彼女作って、…

愚かなる指導者の失態

久しぶりに東京に来た。大体東京に来るのは気になる展示を見に行くか、人に会うかのどちらかだ。今回はどれにも当てはまらない、ただの散策をしていた。国立新美術館のルーヴル展を見るくらいであとは地下鉄に乗ってぐるぐると東京を散策(個人的には街の監視…

ナイトメアテラー

久しぶりに悪夢を見た。自分の祖母が認知症の患者が集められる病棟で急に昔の歌を歌いだすという、言葉は悪いかもしれないが、気味の悪いものだった。それで二時半に目が覚めた。その日は小テストがあったから夜中に目が覚めるなんて最悪だった。寝ぼけ眼で…

ゲシュタルト崩壊

最近同じことの繰り返しで何もかも訳が分からなくなった。今日が何曜日で何日でともうわからない。あれ僕は何してたっけ?問題文の意図が読み取れなかったり読み間違えたり。引き算を足し算のように思えてしまうようになり、字が読めなくなったり。これは何…

結晶

三か月前くらいに田中康夫の「なんとなく、クリスタル」を読んだ。舞台はバブル直前の東京。主人公は女、女子大学生。青学なのかどうかわからないがモデル。と設定をごたごたと述べる必要はない。適宜気になる人は検索されたし。この本の特徴は注釈の多さ。…

解析とペナルティ

僕はシティボーイに憧れる田舎のシティボーイの友人にpopeyeを「全部東京の話でしょ」と釘を刺すようなことを言ったことがある。しかし当の本人である僕はpopeyeを読んだことがない。これはエビデンスなんてねーよの二番煎じである。理系の人間がこれでいい…

疾風怒濤の時代

ゲーテは青年期のことを疾風怒濤の時代と呼んだ。たしかに青年期は荒波に揉まれ揉まれ、いい味がするぐらい揉みこまれる。伯方の塩のCMにでも出すべきだ。トラウマもあの時の淡い恋も性病も依存症も、青年期にイベントとして現れると思う。先の見えない不安…

暇が人を狂わせる

GWは皆さんは暇でしたでしょうか。僕はとても暇でした。と言いたいところだけど、そこまで暇じゃないけど暇だった。やらねばいけないことから逃げていただけである。とは言っても暇なものは暇。誰からも飲みの誘いもなければ遊びの誘いもない。バスで町へ出…

結婚

今年の八月に僕は23歳になる。大学で複素関数論のテストの最中に23歳を迎えることになってる。ここまでくると年齢はどうでもよくなってくる。ただの記号だ。同じ年の中学時代の友人はもう職に就き、はじめてボーナスをもらうだろう。 23歳に近づくと、そろそ…

裏技

ゲームをやったことある人ならほとんど探したであろう裏技。無限にアイテムが増えるとか、裏の世界に行ける方法とか、いろいろな裏技がある。 小学生時代にパソコンでポケモンの裏技を探し、何度も試したことは誰にでもあるだろう。ガセネタにつかまされたり…

グレートマン

毎日毎日なにか張り合いがない。久しぶりに大学に「通学」してる。実験はぐだぐだでなかなか終わらず帰れない。理系の運命なのなら仕方ないが。 大学の教員が毎日のようにネットで社会の批判をしている。暇なのか、正義の使者になったのか。彼、彼女の姿は見…

神々の啓示

大学が始まった。新学期である。桜も散って葉桜に。桜の残骸が溝にたまってる。大学の入り口近くには宗教の勧誘が待ってる。 春先なので新社会人への啓示がネット上にあふれ出してる。「あれしろ!」「これしないさい!」「これをしないから日本は.....」と…

君たちはどうイキるか

君たちはどう生きるか?そういう本が最近ベストセラーらしい。僕のような斜に構えすぎて水平に近い人間はタイトルから説教臭く買う気にならないが。 そろそろ大学が始まる。鬱屈とした大学生活。色気のない大学生活である。地方の大学はなんと寂しいことか。…

葬式にかける音楽

死ぬときってどこからか音楽が流れてくると持ってる。僕の場合はか笑点のテーマだと。心肺停止しても一応は意識はあるらしい。それなら楽しい音楽がいい。葬式中にはBohemian rhapsodyを流すして、荼毘に付されるときは、Deep purple のBurnが盛り上がるだろ…

ネット上の日本ゾンビ

このフレーズはもうおととしのことになるのだろうか「日本死ね」という言葉が生誕したのは。とある国会議員があるブログを紹介して有名になったと思う。それ以前からも「日本は終わった」「これだから日本は」という似たようなフレーズはもはや季語のように…

数字と昔話をすること

数字とは不思議なもので我々に過去のことを思い出さしてくれる。例えば9.11と言えばアメリカの同時多発テロのことを思い起こすし、3.11と言えば東日本大震災のことを思い出させる。僕は普段、理系学部の人間なのでいろんな数字と出会うのでいろんな過去のこ…

流行、アイコン

今、ポプテピピックが「流行ってる」みたいですね。と言ってもネットの境界を離れるとポプテピピックのポの字も聞かない。結局ネット上だけでもてはやされているのか。これほど、ポプテピの画像を使い消費されているのに外では見かけない。住む世界が違うか…

労働

もう就職活動解禁の時期。解禁というより憎き経団連に所属している会社に限るが。みんなマイナビやリクナビに入り浸り会社の合説に足しげく通ってる。リクナビやマイナビは奴隷市場って言われているけどよくは知らない。働いてなく就職にまだ疎遠な僕にとっ…

今夜はブギーバック

去年、小沢健二を聴いて衝撃を受けた。彼が日本に帰ってきてMステに出たときのことだった。そのころ、僕は大学の講義も終わり実家へ帰省するために大阪から帰省した。その日は大渋滞が起き、夕方に帰れるはずだったのについたのは夜。ちょうど実家に帰って晩…

寝つきが悪く

最近ストレートネックかなんかで首を痛めた。そのせいか肩甲骨や首の近くが痛み眠れない。夜中の二時ぐらいまで布団の中でうずくまってる。 元々寝つきが悪いほうなのは確か。目を瞑ってもなかなか寝れない。そしてスマホとか見て目が冴えて眠れなくなる。最…

物理と美術

物理って何だろう。ほとんどの人は物理のことはよく知らないと思う。僕は大学で物理学を専攻しているけども物理って何だろうって思う。 やってもやっても尽きない物理学。そういうのに魅せられていろんな人が物理を勉強していると思う。僕もそのうちの一人で…

Battle of SNS

SNSとはつらい世界だ、と最近感じ始めた。遅すぎるが。ツイッター、ライン、フェイスブック、インスタグラムなど、多くのSNSがあって世界を形成している。世のなかにはごまんと多くの人類がいてその中に数え切れないほどSNSをやってる人がいる。 僕が…

不安の冬

将来への不安が寝る前に来る。この先僕はどうなるんだろうかとか、僕本当に働けるのかなとか。当方、大学院進学志望なので就職活動をするつもりはないんだけど、万が一試験に失敗したらどうしようと考えると恐ろしくなる。それより僕は社会に出て働けるのだ…

劣等一億分の一

最近、劣等感をものすごく感じる。生まれや容姿、両親とか、学力とか。テレビを見ることすら嫌になる。こんなのじゃ酒の量が進むばかりだ。肝臓がイカレちまう。 他人と比べるな、と多くの引く手数多の偉人たちを仮託して言われ続けたこの呪詛。他人と比べな…

漂流インターネット

ツイッターを初めて約8年くらいが経つ。インターネット歴はそれ以上だと思う。まさにデジタルネイティブなのかなと。ツイッターとかネットコンテンツに触れている時間は一日の大部分を占めるかもしれない。というかインターネットは生活必需品、もはや主食…

受験

もうセンター試験の季節ですね。前期後期試験も始まりますね。試験勉強お疲れ様です。僕も試験勉強は相当したような気がする。もしかしてしてないのかもしれない。 受験は相当やった。高校中退して再受験したり、そして浪人もしてしまったし、両親には頭が上…

歌詞と共感

歌詞に共感する人っているんだろうか。僕だけができないのか。ラブソングを聞いて共感できるっていう人をテレビとかで見る。共感を呼ぶ歌詞が話題にという煽り文句で。 ラブソングに共感できないのはまともな恋愛をしたことがないからかもしれない。ログイン…

僕はあのころアイドルが好きだった

最近ネットニュースで元アイドルが妊娠したとか、相手はマネージャー。大手のアイドルではないもののこれはファンからしたら驚天動地。「裏切られた!」って気持ちもわかる。僕も昔はアイドルが好きだった。過去形なんだけど。 今から9年前ぐらいだったか、…

実家

もう冬休みなので実家に帰省。あえて一時帰国と言ってる。地元と通ってる大学の地域の性質があまりにも差があるのでもはや国単位で比較しているからだ。 バイトをしてないので大型の休みになるとすぐに家に帰る。まるで大学から逃げるように。結論からいうと…