気になるもの

Noah Cyrus

 

メイク・ミー (クライ) feat. ラビリンス

メイク・ミー (クライ) feat. ラビリンス

 

 


Noah Cyrus - Stay Together (Audio)

 

すごい気になる存在ですね

 

雰囲気が好きです

 

 

茶碗の中の宇宙展 東京国立近代美術館

f:id:hillkoji:20170422154331j:image

ついに来ました東京国立近代美術館

 

茶碗の中の宇宙展

 

私自身初めて茶器をまじまじと見るのはないから少し緊張と期待を持って行きました

 

樂家家祖 田中宗慶 初代 長次郎から15代吉左衛門 の作品が一同に展示されています

 

全ての作品が全く違う個性を魅せ、きらめく星々のように多様に輝き、まさに宇宙を感じさせます

 

特に個人的に衝撃を受けたものは

九代 了入作 黒樂茶碗 銘 巌

まるで鋭利なもので削ったような形で、重厚感ある黒光が心をつかみました

 

吉左衛門の作品はモダン的で茶入も私の常識をぶち壊すようなものでした

 

見れば衝撃的な作品が多く茶碗だけでここまで人を魅了できるなんて、なことを痛感

 

五月半ばまでやってるみたいなのでまたいくかもしれない

 

あ、図録買えばよかったな

 

 

 

気になるもの

最近、The Chainsmorkes をよく聞き始めました

 

メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン

メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン

 

 なんかいいですね

 

 

 

茶碗の中の宇宙

来週ぐらいに東京国立近代美術館で開催される

 

茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術展

 

に行きたいと思います

 

茶碗をなぜ見に行きたいかというと漫画「へうげもの」読んでからですね

 

へうげもの コミック 1-21巻セット (モーニング KC)

へうげもの コミック 1-21巻セット (モーニング KC)

 

 戦国時代、江戸時代を舞台にした漫画で主人公は千利休の弟子で

茶人大名の古田織部です

 

器に翻弄され究極のものを求めて己の欲のままに行動し、ついに自ら器を作り出す

 

そんな姿に魅了されました

 

その中で登場する数々の名品、軸や茶器

 

その中にも出てきた茶碗

 

ここまで魅了され、人をも動かすものっていったいなんなんだ?

 

と思い見に行こうと思いました

 

数多くの人を翻弄し魅了した茶碗たちを見に行こうと思います

 

www.momat.go.jp

 

 

トレインスポッティング

先週の4月8日に「トレインスポッティング2」が公開されました

 

僕自身少し気になったので前作の「トレインスポッティング」をレンタルしてみました

 

主な登場人物として

レントン ユアン・マクレガー

ベグビー ロバート・カーライル

シック・ボーイ ジョニー・リー・ミラー

スパッド ユエン・ブレナー

の4人です

 

舞台はイギリスのスコットランド エディンバラ

レントンは薬物中毒の若者でスパッド、シック・ボーイ、喧嘩早いベグビーらと過ごしていました

 

ドラッグ、ナンパ、や犯罪を繰り返していた矢先、仲間のスパッドとレントンが捕まり、裁判となってスパッドが刑を受けることになりました

 

そのことからレントンは薬を断つことを決意するが失敗します

 

そしてロンドンへ行き仕事につきますが昔の仲間たちが彼を追いかけるようにロンドンに来てしまのです.....

 

この後の展開はDVDで見て楽しんでいただきたいと思います

 

 

 

トレインスポッティング〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)

トレインスポッティング〔新版〕 (ハヤカワ文庫NV)

 

 

感想としては結構衝撃的な作品でした

 

若者たちが薬をキメて、クラブへ行ってナンパ

 

破滅的、という言葉が適してるのかなと思います

 

でもやっぱりまっとうな生活をしようと薬を断とうとしても結局やめられない

 

若者の葛藤、鬱屈さ

 

それがドラッグと喧嘩と性が混ざり合って印象に残るような映像を作り出している

 

という感じでした

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして

はじめまして

現在、大学二年生で物理を学んでいる学生です

このブログでは、自分の好きなもの

例えば、映画・ドラマ・旅行・サイエンス・アートについて語っていこうと思います